卒業○○電車 | 新・エロアニメ王国

もっと!もっと!ヤラせてくれる先輩
もっと!もっと!ヤラせてくれる先輩

| ページTOP |

卒業○○電車

卒業○○電車
[PV1] [PV2] [PV3] [PV4]

一輌目 思い出の○リ巨乳教師は狙われている[20]
[ダウンロード版]
二輌目 女教師の尻はいつも後ろから見られている[20]
[ダウンロード版]
三輌目 酔いつぶれた女教師は弛緩した身体を弄ばれる[20]
[ダウンロード版]
四輌目 妄想から現実へ、あるいは現実からの卒業[20]
[ダウンロード版]

卒業痴 漢電車
卒業痴漢電車

▼続きを読む▼

卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車 一輌目 思い出の○リ巨乳教師は狙われている[20/04/24]
草出文太(くさいで ぶんた)は高校時代からの長い間、母校の女教師、中嶋奈乃香(なかしま なのか)に想いを寄せていた。
ある日、彼は電車内で想い人に瓜二つの女性、中嶋加乃子(なかしま かのこ)を見つける。
しかし彼女は近いうちに転勤するらしい。
そこで意を決した文太は、せめてもの思い出にと、彼女の身体に触れることを決めた。
加乃子は小柄で童顔だが、はち切れそうなほどの巨乳と巨尻をスーツに包んで内気に俯いている。
一方、文太の思い出に残る奈乃香は見た目こそ加乃子と似ているが、妖艶に男を誘うメスの顔を見せていた。
追憶と現実を行き交う痴漢男が、ついに獲物に手を伸ばす。
駅のホームに思い出の先生と瓜二つの女性。
偶然出会えたこの奇跡・・・もう逃さない。

卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車 二輌目 女教師の尻はいつも後ろから見られている[20/06/26]
草出文太は今日も背後に立っている。
憧れの女教師、中嶋奈乃香。
目の前にいるのは奈乃香によく似た女性、中嶋加乃子。
加乃子との思い出作りを画策する文太は、同時に奈乃香との記憶に溺れ続ける。
不意に見てしまった奈乃香の尻。
ストッキング越しに見えた下着と淫らに揺れる彼女の肢体に、かつての文太は抗いようもなかった。
そして今、加乃子の肉厚な尻が目の前で揺れている。
タイトスカートに包まれた尻は男を誘うかのように震え、
誘われるままに文太の視線が釘付けになる。
理性と欲望の間で揺れ動く痴漢男が、その魔の手を伸ばす。
満員電車に思い出の先生と瓜二つの女性。
先生と同じ匂いがする・・・俺の事好きなの?

卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車 三輌目 酔いつぶれた女教師は弛緩した身体を弄ばれる[20/08/28]
草出文太は今日も中嶋加乃子を待ち構える。
現れた彼女は珍しく酔っぱらっていた。
彼女の送別会が開かれたことを知り、焦る文太。
頼りなくふらつく加乃子に、文太は奈乃香との別れの記憶を思い返す。
文太の部屋で最後の思い出作りをしていた奈乃香。
酒に酔った彼女は積極的に彼を求めた。
繋がり合う二人。
最後に奈乃香が明かしたのは、婚約者との妊娠だった・・・・・・。
その記憶に触れ、文太は加乃子の正体を悟る。
想い人の娘、母親同様に豊かに育ったメス肉が今目の前にある。その事実に、文太の欲望が爆発する。
過去から現在へつながる痴漢男が、その本性を露にする。
満員電車の中で入り乱れる、妄想と現実。混ざり合った雑念が、目の前の女に牙を剥く。

卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車
卒業○○電車 四輌目 妄想から現実へ、あるいは現実からの卒業[20/10/30]
草出文太に綺麗な思い出などなかった。
同級生から蔑まれ、憧れの女教師からも冷たい視線を向けられていた。
中嶋加乃子と出会った頃にも、初めから怖がられていた。
彼の人生は劣等感と自己嫌悪に満ちていた。
だからこそ、彼は思い出を求めていた。
あの事件から数年後、転勤した加乃子の下に再び文太が現れる。
妄想に溺れ現実で暴走した彼は、いまだ妄想に囚われたまま加乃子に襲いかかる。
加乃子の肉体がオスの猛りに〇〇される。
激しい律動にされるがままに、揺れる乳肉と押しつぶされる尻肉。
次から次へ注がれる白濁液に、加乃子の意識は遠のいていく。
〇〇男の妄想はついに現実となって女教師を襲う。
満たされぬ思い出は、怨念の化け物と化す。
彼の行為は、そう、ただ本能に従っただけ。

2022/10/08 15:05

| ページTOP |

サメと生きる七日間
サメと生きる七日間
検索
プラグイン2最下部