White Blue | 新・エロアニメ王国

家族を養うには、こうするしかありませんでした。
家族を養うには、こうするしかありませんでした。

White Blue

White Blue
[PV1] [PV2] [PV3] [PV4]

~白衣の後悔~[20]
[DL]
~白衣の往生際~[21]
[DL]
~都合のいい白衣~[21]
[DL]
~具合のいい白衣~[21]
[DL]

White Blue

▼続きを読む▼

White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue ~白衣の後悔~[20/11/27]
具合悪いところはないですか?
恥じらい見つめるのは看護師のひばり
不幸な事故が一転、学園の頃からひそかに思いを寄せていた彼女との再会に、寄せていた思いが募る京太
入院の不自由さから、看護の時しか会えないものの、ほのかな恋心は二人の距離を急速に縮めていった……が
恋愛未熟な京太の焦りは、無垢なひばりを怒らせて……すれ違う二人に訪れるのは……
最悪の結末であった……
や、ヤメテ下さいッ、どうしてこんなことっ
酔いつぶれたひばりが目にしたのは、自分の乳房の間に挟まれリズミカルに顔を覗かせる屹立。
その上には、普段の爽やかな笑顔と違う、蔑み笑う石神の顔
こんな状況で乳首立たせてんのか?雌豚
吐き捨てる言葉とともに独りよがりで乱暴にカラダを扱っていく石神
京太とのことを相談したりと信頼していたはずの相手。
戸惑い怒るひばりを嘲笑うかの如く、その屹立から放たれる白濁を味わわされていく……

White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue ~白衣の往生際~[21/01/29]
もう、私にも彼にも関わらないでっ
奪われたのは純潔だけではなく……
ひばりは、自らの失態を嘆く間も無く、何度も石神にヤラれていた
そうすることが当然のように呼び出されしゃぶらされハメられていくひばり
自分の欲望の為にモノのように扱いながらもテクニックは仕込んでいく石神
彼の前でローターを付けたまま看護させられ、机の下で、彼に隠れて肉棒を突き入れられ、
悉く、彼との初めてを奪われてしまっていくひばり……
馴染ませられていくその身体は、いつしか抵抗すらも薄れていき……
石神との関係を伏せながら、京太への思いを遂げるべく一つになるひばり
清瀬さん、好きです
肌を重ね、彼への思いを口にするひばり……しかし、その身体の奥は、別のモノを求めていた……

White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue ~都合のいい白衣~[21/06/25]
出ていってくれ
京太にバレてしまった石神との痴態に言い訳すらも出来ぬまま決別されるひばり……
そんな事情を知ってしまったアンは、健気に京太を癒すべく甲斐甲斐しく寄り添い元気づけてきた…
アンお姉さんの特別な治療だから、ね。医療行為だから気にしないで
その股間に顔を埋め優しく擦りながら見つめるアンは、テラテラと光る舌先を這わせじっくりと舐め上げていく……
その行為は、入浴時も、中庭でも、懸命に尽くしていた……
そんな彼女を見つめるもう一つの視線は、ひばりを貪った石神を子飼いにしている旭であった
愛なんてものは簡単に裏切られるのよ。コイツでな
京太と初めてを迎えたアンの体が強引に小突かれ変貌していくのは……時間の問題であった……

White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue
White Blue ~具合のいい白衣~[21/08/27]
わたし、この病院やめるッ、それで、京太君とこに永久就職しちゃうっ
あどけない笑みで可愛い提案をしてくれるアン
自分を愛してくれる彼女に強い思いを抱く京太は、アンとの二人だけの生活を夢見てリハビリを頑張る決意をする
そんな二人に訪れるのは切なくも儚い悲劇でしかないのに……
大丈夫……この位……
さらわれ白濁漬けにされた日々は仕舞い込んで、京太との明るい未来に思いを馳せようとしていたアンの目に飛び込んでくるのは……
旭が剥き出しに晒す、イボイボと歪で極太な屹立であった
な、何あれ……
必死に振り払おうとすればするほど、京太と何度も身体を重ねる事に……忌まわしい肉体への記憶が蘇ってくるのであった……

2022/03/03 01:34

| ページTOP |

アマエミ -longing for you-
アマエミ -longing for you-
検索
プラグイン2最下部